定期借家契約を結ぶためには、普通の借家契約と異なり、次のような手続きが必要です。
川公正証書などの書面によること(法犯条1項)ふつうの借家契約は、口頭でも成立しますが、定期借家契約では必ず書面を作らなければなりません。
その書面には「この契約は定期借家契約であり、平成○年○月○日をもって終了する。
「この契約は更新されない。」という意味の条項を入れることになります。
このように書面によりさえすれば、必ずしも公正証書にする必要はありませんが、この種のことに慣れている人以外は、少なくとも最初の契約は公正証書によった方が無難だと思います(一度公正証書にしてもらえば、2回目からはその書式を参考にして自分で書面を作ることができるでしょう)。
なお、公正証書は「公証人役場」というところに行けば、作ってもらえます。
側契約書とは別に、定期借家であることを記戦した書面をあらかじめ交付して説明すること(法犯条2項)借主は、契約書をよく読まないことが少なくありません。
そのため、契約書の中に定期借家であることが書かれていても、そのことに気づかないことが考えられます。
このような理由から、定期借家契約を結ぶ場合には、貸主が借主に対して事前に契約書とは別に、「この契約は更新がなく、期間が満了すれば終了する」との文言を記載した書面を交付して、定期借家であることを説明しなければならないことになっています。

渋谷駅から徒歩5分、人気のおしゃれな街「代官山」に佇む高級賃貸デザイナーズマンションが「レジディア代官山」です。地下1階・地上8階建の低階層マンションで、お部屋の窓が二重サッシになっているため、沿線沿いでも騒音に悩まされることはありません。お部屋はワンルームタイプと1LDK、2LDKが用意されており、シングルやDINKSにおすすめで、ペットの飼育も相談可能。マンションはプライバシーを守る内廊下設計になっているほか、エントランスはオートロック、お部屋にはTVモニター付インターホン、ディンプルキー、ダブルロックが設置されたおり、マンション内各所に防犯カメラも設置されているなどセキュリティ面もしっかりしており、女性の一人暮らしでも安心です。周囲にはコンビニやスーパーマーケットなど生活を支える施設はもちろんのこと、広々とした西郷山公園、代官山アドレスやラ・フェンテ代官山などの大型ショッピング施設、レストランやカフェなどの代官山らしいおしゃれなスポットがたくさん集まっています。渋谷駅が近いため、東京の主要なエリアへもアクセスしやすく、通勤・通学はもちろんのこと休日のショッピングにも大変便利です。