普通の借家契約ですと返してもらえないことを意味します。
どうしても返してもらおうと思えば、高額の立退料を支払わなければなりません。
なお立退料の相場は「家賃の200か月分」といわれたこともありましたが、それ以上のケースも少なくなかったのです。
このようなことから、「どうせ立退料を取られるくらいなら貸さないでおこう」と考える家主が出てきました。
つまり借主を保護しようとするあまり、良質な賃貸住宅の供給が阻害される結果となっていったのです。

これに対して、平成旭年(2000年)3月1日から導入されたのが、定期借家契約というもので、この契約では期間満了後の更新がありません(借地借家法銘条1項、以下同法を「法」といいます)。
例えば「2年」とか「3年」の約束で契約をした場合、それだけの期間が経過すれば、契約は終了してしまうのです。
これならば立退料を請求されるおそれもありませんから、貸ししぶっていた家主も部屋を貸すようになるわけで、現にこの制度が発足してから、これを利用しての賃貸事例が増えています。

ただし、一般的には通常の賃料より多少安くなります。
普通の借家契約は貸主と借主の合意により契約は成立するなど、手続きは定期借家契約に比べて容易になっています。
契約の終了の際も通知が必要など、定期借家契約では、一定の法律行為をすることが要求されていますので、注意が必要です。

トレステージ四谷で快適な毎日を過ごしましょう

近年、多くのマンションが建てられています。

マンションに暮らすメリットとしては、やはり、広々とした空間で過ごすことが出来ることや、近所付き合いなどもあまり無いことなどがあります。

それに、マンションには管理人が常駐しているところがほとんどですので、セールスなども訪問することが少なく、防犯面でも安心です。

このように、マンションにはいろんな利点もありますので、一人暮らしを考えている場合には、マンションも考慮してみてはいかがでしょうか。

賃貸物件のトレステージ四谷は、丸の内線の四谷三丁目駅まで徒歩三分と言う立地条件の良いところにあり、JR中央線の信濃町駅からも徒歩圏内でありますので、通勤や通学にも大変便利です。

また、外観もお洒落なガラス貼りで、独特の雰囲気があり、日当たりも良く、明るい室内は、シックな白を基調としており、落ち着いた造りになっています。

トレステージ四谷は、1Rから1LDKと部屋を選ぶことが出来ますので、家賃も部屋に応じて13万円台から、22万円台と広く設定されています。

フローリング貼りのワンルームの洋室ですので、ゆったりと生活することが可能ですし、キッチンはカウンター式で、料理を出すのにも便利です。

部屋と独立していますので、キッチンを見せたくないと言う人にもぴったりです。

また、不在時に便利な宅配ボックスもあり、留守でも荷物を受け取ることが出来ます。

その他にも、浴室乾燥機もついていますので、衣類などをすぐに乾燥させたい時にも役に立ちますし、寒い冬でも暖房をつけて入浴出来ますので、身体も冷えません。

それに、ゴミ出しも24時間大丈夫ですので、生ゴミなどの嫌なものもすぐに捨てることが出来ます。

防犯面でも、モニター付きのドアホンがありますので、誰かが尋ねてきた時でも、ドアを開けずに応対することが可能ですし、オートロックやダブルキー、ティンプルキーですので泥棒などに侵入される心配も少なくて安心です。

電気代は、オール電化を取り入れていますので、ガス代も節約が出来ますし、電気代もかなり安くなります。

このようなことから、女性の一人暮らしにも良いマンションですので、東京で賃貸物件を探しているのならば、トレステージ四谷がおすすめですよ。