住宅総合保険とは家を借りる契約を結ぶとき、住宅総合保険料の支払いも求められる場合が最近は多いようです。
住宅総合保険とは、住宅が火災などの災害にあった場合に、それによる損害を補償する保 険のことをいいます。

火災のほか、落雷、洪水、盗難など普通に生じる災害のほとんどすべてが補償され、安心できるというわけです。
なぜ借主がこの保険の保険料を負担しなければならないかは契約上の合意にすぎませんが、借主の不注意で火事や漏水事故を起こしてしまい、本来借主が莫大な損害賠償義務を負うべき ところが、この保険で救われることになるのです。
以下このことについてご説明しましょう。

失火責任法は大家との関係では適用されない日本には失火責任法という法律があり、火災によって他人に損害を与えても、それが放火な どの故意、もしくは寝たぱこなどの重大な過失による場合以外には責任を負わないことになっています。

東京都江東区豊洲2丁目にある52階建の大規模タワーマンションで、最寄駅の東京メトロ有楽町線の豊洲駅からは徒歩7分です。
駅出口からは平坦な道で、整備されているので雨の日でも気にならないと思います。
電車は有楽町線とゆりかもめしかありませんが、マンションの横にバス停があり、東京駅まではすぐに出られます。以外にバスが便利です。
晴海、豊洲、東雲、有明といった湾岸地域には超高層マンションが多数ありますが、このアーバンドックパークシティ豊洲タワーの最大のポイントはららぽーと豊洲とつながっていることだと思います。
ららぽーとは言わずと知れた大型ショッピングモールで日用品から雑貨、本、洋服まで何でもあります。映画館もあるので子供とお出かけするのにとても便利です。
子供服もたくさんあり、子連れで行ってもベビーカーは貸してくれるし、休憩用のベンチはたくさんあるし、ショッピングの合間も安心です。
そして近年豊洲はオフィス街としても発展してきているので新しいレストランのオープンが相次ぎ、週末のランチが楽しみになってきます。
また、アーバンドックパークシティ豊洲タワーには医療施設も併設されていて小さい子供がよく行く小児科、皮膚科、はあり助かっています。
この近辺は子供が増えているので子供向けの施設が本当に充実して、習い事にしてもどれにしようか迷ってしまうくらいです。
都心の割には整備された公園もあり遊ぶ場所には事欠きません。
また高学年になると塾通いも視野に入ってきますが、SAPIX,日能研、四谷大塚がありどれも徒歩で行けるので安心です。
豊洲という町がコンパクトでなんでもそろっているので、住環境はとても良いと思います。